ito-art

 海中で「生命と美の源光景」に遭遇したことは、過去の芸術的概念を一掃する出来事となった。以来、生命の輝きとは何か…あるいは、美とは何かの本質について新たな探求を 始めることになる。彫刻家 (美術家) である私が驚嘆したのは、海に潜ることにより得体の知れない複雑な感情を体感したことである。それは、静けさの中に”命のざわめき”が入り混じった不思議な感覚だった。そのことを強いて言葉に直すと、それは『懐かしい』…の一言になるかもしれない。人が海に入ることにより、かつては魚であった時代の微かな記憶が蘇ってくるからなのであろうか…。あるいは、私たち生命の故郷である『海への帰巣本能』の成せる感覚なのかもしれない。
 私は『海中の色彩の発見者』と呼ばれて来た。海中の色彩世界は、気の遠くなるような時間をかけて創り出されてきた『命あるもの彩り』で満たされている。そこで私が身をもっ て体感し、捉えたすべての情景が彫刻家としての造形力を基盤の上に、作品として構築さ れている。それが伊東アートだと思っている。従って、写真はあくまでも表現手段としてのメディアであり、美術のジャンルを超えて表現する芸術的概念の構築だと考えている。 それは、『アートとは何か?』…への問いかけでもあるのだ。
 美とは『秩序のことである』…と言える。その秩序とは『知性』のことであり、『愛』 であり、『宇宙』でもあるのだ。生態系を守り続けている海の生き物たちは、『そこに居 るだけで知性を光らせている』。だから、地球の生態系を壊し続け、秩序を乱している人間に、果たして本当の知性が存在しているかどうかは疑わしい。そこには人間の愚かさが常に見え隠れしているのだ。自然が壊れた分だけ人の心が壊れていることに、人類は未だ 気がついていないのかも知れない。
 私は、生命の根源である海中世界を、芸術を通して『より美しく!より感動的に!』表現することにおいて、環境保全への警笛を鳴らし続けてきた。命がけで製作に打ち込める のは、それらの作品が大人のみならず、明日を担う子供たちの心に響くことができ、彼らの人格形成の一部に資することにある。そのことが私の願いでもある。刻々と悪化の一途を辿る地球環境に身を置く私たちは、今、大きな岐路に立たされている。人々が、『美しいものを美しい!』…と、素直に言える心のゆとりを取り戻したときに初めて、人類は進むべき道を模索し始めるのかもしれない。美とは秩序のことであり、愛であり、宇宙だからだ。
  伊東昭義