081
蛍光ライン
082 | Fluorescent line
蛍光ライン
082 | Fluorescent line

頭部にブルーの蛍光ラインを走らせ、上目づかいに様子を伺う『ハマクマノミ』が、ひっそりと暮らしていた。誰にも邪魔されたくないとでも言いたげな表情が、平和な海の願いを語っているようだ。