092
交響詩
093 | Symphonic poem
094
交響詩
093 | Symphonic poem

色とりどりの美しいサンゴに囲まれ、穏やかな陽光に見守られながら『ハナビラクマノミ』の一家が暮らしていた。そこは、すべての命が調和して輝く海。…それは彩りの瞬間。それは色彩の交響詩。

092
094