097
隣人
098 | Neighbor
隣人
098 | Neighbor

『ヘラヤガラ』が、棲み慣れたサンゴ礁を後に旅立って行った。何も告げずに立ち去ろうとするこの隣人に『アカマツカサ』の一家がざわついていた。サンゴの下に定住するかれらは寂しさを隠せなかったからだ。