造形美
134 | Plastic arts
135
造形美
134 | Plastic arts

『真紅のウミシダ』が、際立った造形美を誇示するかのように陽光を仰いでいた。その力強く逞ましい色彩の造形は、海を独占して輝いた。そこには、生命が燃えつきるような美しさがあった。